外国人技能実習生の流れ

外国人技能実習制度の期間は3年間※

技能実習の区分は、団体監理型と企業単独型の受入れ方式によって分けられます。
※有料企業に認定された場合は最大5年間

1

入国後1年目の技能等を修得する活動
(第1号技能実習)

2

3年目の技能等に習熟するための活動
(第2号技能実習)

3

5年目の技能等に熟達する活動
(第3号技能実習)

監理団体型で技能実習生を受け入れる場合、外国人技能実習機構に対する監理団体の許可申請、技能実習計画の認定申請、入国管理局への在留資格認定証明書交付申請を行う必要があります。

企業の規模、実習の期間に応じて受け入れ可能な人数の上限が定められており、毎年度の受け入れを行うことで、企業によっては数多くの人材を受け入れることが可能です。

外国人技能実習生
受け入れの流れ

お申し込みから受け入れ、実習開始まで

実習生の受け入れにはお時間が必要です。

ご相談、お申し込みいただいてから、実際に受け入れを開始するまでには、入国許可のための申請が必要となるためにお時間が必要となります。

当組合によるサポート

看護学科のある大学等で募集を行うことで、質の高い人材を確保致します。

日本人スタッフによるアテンド及び通訳により、現地での面接をサポート致します。

日本に入国後、日本での働き方や生活の仕方等、働く上で必要なことをお伝え致します。

日本企業での就業経験のあるタイ人スタッフが、日本企業で働く上での注意点・習慣・マナー等を伝え、職場に馴染むためのサポートを行います。

企業様への送り出し後も、当組合タイ人スタッフより連絡させて頂き、精神面含めサポートさせて頂きます。